シミと肌のバリアゾーン

異物の侵入を防ぐ肌のバリアー機能

肌のバリアー機能とは

肌のバリアー機能とは、肌外部から体内への異物の侵入を防ぐ機能のことです。

基本的なバリアー機能

シミと肌

肌のしくみにおいて、肌外部からのバリアーとして主にはたらいているのが、いちばん外側にある角質層です。

角質層は、水分の少ない乾いた細胞が10層から15層ほど積み重なって形成され、固くて丈夫な層になっています。

角質層の表面は、体内から分泌された皮脂で覆われて、これが基本的なバリアーゾーンとなっています。

また、角質層には、ケラチンという固いたんぱく質や、セラミドと呼ばれる角質細胞間脂質が多く含まれていて、これらも肌外部からの異物の侵入を防ぐバリアーとなっています。

水溶性異物と油溶性異物

外部からの異物には、水に溶ける異物(水溶性異物)と、油に溶ける異物(油溶性異物)があります。

水溶性異物の侵入

水溶性異物の侵入は、まず皮脂と角質細胞間脂質(セラミド)が防ぎます。次に脂質が多い顆粒細胞層が防ぎ、さらに基底細胞層も防ぎます。 表皮には脂質が多いため、水溶性物質は弾きやすいのです。

油溶性異物の侵入

油溶性異物の侵入は、まず角質細胞間脂質(セラミド)に溶け込ませて防ぎ、さらに角質層深部にある貯留槽でたんぱく質と結合させて防ぎます。
角質層が油溶性異物の保管庫になるのです。

ターンオーバーと異物の排泄

ターンオーバーで、顆粒細胞に角質細胞が押し上げられるとき、異物も肌のいちばん表面まで押し上げられ、はがれ落ちていきます。
このターンオーバーという排泄作用も重要なバリアー機能のうちの一つです。

表皮の脂質と合成界面活性剤

こんなふうに肌バリアーは、主に表皮の脂質が重要な役目を果たしています。

この脂質を流失させるのが合成界面活性剤で、合成界面活性剤が含まれる化粧品やシャンプーを常用すれば、表皮は脂質を失ってバリアーゾーンが壊れてしまいます。
すると、皮膚内の水分が蒸発して乾燥肌になり、やがて、シミやしわができてしまうのです。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集