ビタミンCと抗酸化物質の相乗作用

シミにはビタミンC

体内でいちばん出番が多いビタミンC

シミにビタミンC

ビタミンCは、体内ではいちばん出番が多いビタミンです。
また、「シミにはビタミンC」が定番となっていますが、シミとビタミンCは関係が深いです。

ビタミンCは、ストレスから身を守る抗ストレスホルモンの合成にかかわっていて、疲れを取ったり、精神状態を軽快にするはたらきがあります。

例えば、人間以外の動物は体内でビタミンCを合成できるものが多いのですが、マウスの実験では、ストレスを与えることによってビタミンCの合成量が20倍に跳ね上がることがわかっています。
強いストレスが起きたときは一時的にビタミンCの消費量が跳ね上がるわけです。

強いストレスが続くときはシミもできやすいので、常時余るくらいのビタミンCをとってストレスに備えるぐらいのほうが、シミ予防にはよいかもしれません。

また、ビタミンCは、シミの直接原因になる活性酸素を除去する抗酸化物質でもありますから、同じく抗酸化物質であるビタミンE、コエンザイムQ10、ピクノジェノールなどと一緒にとると、相乗作用でシミが早く取れます。

シミにビタミンC

さらに、ビタミンCが血中にしっかりあるとメラニン色素の色はさめています。また肌の張りを保ちたるみを防止する皮膚の土台コラーゲンをつくる際にも必ず必要になるビタミンです。

ビタミンCの必要量

一般的に、ビタミンCの必要量は決まっていません。
ビタミンCの必要量は、「2015年度版日本人の食事摂取基準」によると、30代~40代女性で1日につき推定平均必要量が85mg、推奨量が100mgとなっています。(推定平均必要量は、壊血病の回避ではなく、心臓血管系の疾病予防効果並びに抗酸化作用効果から算定されています。)

シミにビタミンC

あるいは、ビタミンCを1日に最低でも2000mgは摂るべきだという説もあります。

ビタミンCの必要量は個人差が大きく、健康な人でも人によっては大きいときで100倍も必要量が違ってきます。
これは例えば、ビタミンCが100mgで足りる人もあれば、10,000mg(=10g)でやっと足りる人もあるということです。

良質のビタミンC

シミにビタミンC

ビタミンCは一度にたくさんとっても水溶性のため尿としてすぐ排泄されてしまうので2~3時間おきにとらないと意味がない、と言われています。

しかし、良質のビタミンCをとっていると、体内でゆっくりと溶けて吸収され一度に体外に出て行かない加工(タイムリリース加工)がされていますので、常時体内にビタミンCがしっかりある状態を保てます。

また、良質のビタミンCは吸収率が高く、確実に体内で活用されるように加工されています。例えば、柑橘類などに含まれる天然のビタミンCにより近いものにするために、フラボノイドやカロテンなどを組み合わせ、効率よくはたらくようにつくられています。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集