日焼け止めクリームでシミに!?

皮膚細胞を破壊する紫外線吸収剤

細胞膜を破壊して細胞内部へ侵入

シミをとるためには、まず日焼け止めです。

化粧品による日焼け止めには2つの方法があり、紫外線吸収剤で紫外線を吸収する方法と、紫外線散乱剤で紫外線を反射する方法があります。

しかし、この紫外線吸収剤は要注意です。
紫外線吸収剤は、石油に含まれている発ガン性のある化合物で、フェノール類と呼ばれています。
フェノール類は皮膚細胞を破壊する毒物です。細胞膜を破壊して中へ侵入し、内部のたんぱく質を壊してしまいます。

新しい細胞を産まれなくする紫外線吸収剤

シミと日焼け止め

表皮の一番内側には、新しい表皮細胞を産む基底細胞が並んでいます。

この基底細胞が紫外線吸収剤のようなフェノールという毒物に破壊されてしまうと、新しい細胞の生産が困難になります。

新しい細胞が産まれないと、古い細胞を押し上げる細胞がなくなり、表皮の新陳代謝が困難になります。

不完全な角質細胞のできあがり

そして、紫外線吸収剤によって基底細胞が破壊され新しい細胞の生産が困難になると、表皮の一番外側の角質細胞層が不完全な細胞でできあがってしまいます。すると、異物の侵入から体を守るバリアーの役割をしている角質細胞層の壁が弱くなります。

その結果、壁の弱い部分を補強するため、体がつくる天然の紫外線吸収剤であるメラニンが集中します。これがシミです。

ですから、紫外線吸収剤は、シミを予防どころか、よけいにシミをつくってしまうのです。

毒性の相乗作用

紫外線吸収剤は、このような毒物ですから、毒性の強さに応じて添加量が制限されています。
しかし、数種類を併用した場合には総合量の制限はないのです。ですから、3種類、4種類と加算できるのです。
すると、相乗作用でもって毒性は大きくなり、基底細胞を大きく破壊し、シミの原因を増やすことになります。

日焼け止めの選び方

よく使われる紫外線吸収剤に、メトキシケイヒ酸オクチルなどがありますが、ほとんどの日焼け止めに配合されているようです。

日焼け止めを選ぶ際には、成分を必ず確認して、最低限、紫外線吸収剤が配合されていないものを選ぶのが安心です。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集