肝斑(かんぱん)という女性特有のシミ

肝斑の原因

皮膚科や美容外科でも治療が難しいシミ

肝斑というシミ

20代後半から40代の女性特有のシミといわれ、目の下とか両頬に左右対称にできることが多い肝斑(かんぱん)。

この肝斑というシミは、比較的薄くて境界線がはっきりしないことが多いため、皮膚科や美容外科でも治療が難しいといわれています。

女性ホルモンの影響

肝斑の原因についてはまだはっきりわかっていませんが、女性ホルモンの影響を強く受けてできる、といわれています。そのため、妊娠や出産、更年期をきっかけにできることが多いようです。

ストレス

また、肝斑はストレスとも関係が深く、ストレスがある時はシミがつくられやすい環境にあるといわれています。

肝斑対策

ホルモンバランスを整える

肝斑というシミ

肝斑というシミ対策には、まずホルモンバランスを整えることが考えられます。

女性ホルモンとのかかわりがある栄養素は、ビタミンEです。
ビタミンEは、性ホルモンをつくる際にはなくてはならないビタミンで、別名「女性ビタミン」といわれています。

ビタミンEは、子宮の血行をよくし、性ホルモンの分泌を正常化します。

ストレス対策

生きている限り何らかのストレスは避けられないものですが、ストレスがある時、体内では、たんぱく質とビタミンCが大量に消費されています。

ですから、ストレスによるシミをつくらないよう、たんぱく質ビタミンCをしっかりととるようにします。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集