過酸化脂質って?

過酸化脂質とシミ

いわゆるオバサンとキレイなお姉さんの違い

40にもなると、お肌がなんだかくすんでくるし、しみが増えたなぁと思っている人、多いのではないでしょうか。

ところで、菜美は、スーパーや百貨店の食品売り場で買い物をしてレジに並ぶとき、キレイな50代後半か60代の女性(めったにお見かけしませんが)がいらしたら、すかさずその後ろに並びます。
そして、そのキレイな女性が買った食品を、見て見ぬフリをしてチェックしています。

で、そんなことを習慣にしているうちに^^;気がついたことがあります。
それは、50代になっても60代になってもスリムで肌のキレイな女性の買う食品はやはり違う、っていうことです。

何が違うかって、カゴの中にあまり入っていないんですよ、加工食品が。

反対に、肌がしみだらけでお腹が出てウエストのないオバサン^^;はというと・・
カゴの中に加工食品がてんこもりです。(・・;

この違いって、大きいと思います。

加工食品に多く含まれる過酸化脂質

シミの直接の原因は活性酸素だと別ページに書きましたが、さらに追い討ちをかけるようにシミをつくる原因になるものが「過酸化脂質」です。

過酸化脂質は、特に加工食品に多く含まれています。

過酸化脂質とは何かというと活性酸素によって酸化させられてしまった脂質です。いわばサビた古い油です。これが肌のくすみやしみをさらにつくり続ける原因になるのです。

ですから、加工食品を多くとればとるほどオバサン街道まっしぐら、というわけです。

いくつになってもキレイでいるために大事なことは、手作り料理をつくるちょっとの手間をおしまないことではないでしょうか? 完璧にする必要はないでしょうが。

そもそも脂肪の摂りすぎはどうしていけないの?

「健康や美容のために脂肪の摂りすぎに気をつけましょう」とよく言われますよね。
ダイエットのために「低脂肪」「無脂肪」といった表示のある商品を選ぶ人も多いのではないでしょうか?

では、どうして脂肪の摂りすぎが問題なのでしょう?

じつは、厳密には、脂肪の摂り過ぎが問題になるのではなくて、酸化しやすい植物性脂肪の摂り過ぎが問題なのです。

そして、「植物性脂肪」が一番問題になるのは、酸化して過酸化脂質になった場合なのです。

過酸化脂質は野火

過酸化脂質とは、ようするに、活性酸素の発生源になりガンの原因にもなる恐ろしい毒物です。

この過酸化脂質が細胞壁の脂肪酸(不飽和脂肪酸)にいったんとりつくと、次から次へと野火が広がるように細胞壁を老化させ、使い物にならなくします。

過酸化脂質でなじみのあるものに、何回も繰り返して使ったてんぷら油があります。
黒ずんでねばっていますね。

あれは、油の中の不飽和脂肪酸(植物性油に多く含まれる酸化しやすい脂肪酸)が過酸化脂質になった姿なのです。

植物性脂肪と動物性脂肪の致死量実験

植物性脂肪に多い油にリノール酸があります。
動物性脂肪に多い油にオレイン酸があります。

 

《実験》

脂肪が害になるのは、「酸化して過酸化脂質になった場合」です。

そこで、リノール酸(植物性脂肪)とオレイン酸(動物性脂肪)のどちらが酸化しやすいかを実験したところ・・

  リノール酸(植物性脂肪)は、
  オレイン酸(動物性脂肪)の10倍以上のスピードで過酸化脂質に変わり、

  リノール酸(植物性脂肪)の致死量は、
  オレイン酸(動物性脂肪)の致死量の5分の1。

という結果だったそうです。

つまり、

  リノール酸(植物性脂肪)の害の強さは、
  オレイン酸(動物性脂肪)の5倍近くあるのです。

リノール酸(植物性脂肪)の摂り過ぎと現代病

もちろんリノール酸(植物性脂肪)も栄養としては大事です。
しかし、日本人は、リノール酸(植物性脂肪)を、世界平均の3倍もとっているそうです。 これは、摂りすぎだと言わざるをえないと思います。

そのため、リノール酸(植物性脂肪)の摂取量が増えた現代は、アレルギー疾患や心疾患、ガン、免疫にかかわる疾患など、以前にはなかった多くの現代病を引き起こしていると言われています。

病気になってしまってはシミどころではありませんよね?美肌以前の問題です。

日常の食品も過酸化脂質だらけ

過酸化脂質に変化しているおそれのある食品は、誰もが日常よく摂る食品です。

冷凍マグロ・干物・しらす・かりんとう・ポテトチップス・インスタントラーメンなどの古くなったものや、ひなたにおいたものなどです。スナック菓子の古くなったものなども、この仲間です。

過酸化脂質から体を守るには?

しかし、注意していても、どうしても過酸化脂質は体の中に入ってしまいます。
日常にあふれる加工食品のほとんどに、安価な植物性脂肪が使われているためです。

忙しいから、めんどくさいからと、加工食品ばかりですませていては、どんどんシミだらけの太ったオバサンになっていきます。^^;

でも、たまには食事づくりの労力から開放されたいときもあります。
そんなときに、過酸化脂質を抑える抗酸化物質が力強くサポートしてくれます。

抗酸化物質とは体の細胞が活性酸素によって酸化されないよう身代わりになって酸化される物質のことで、主なものに、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、ベータカロテン・リコピン・ルテインなどのカロテノイド類、カテキンやアントシアニンなどのポリフェノール類やピクノジェノールなどがあります。

でも、この抗酸化物質をとるコツがあるんです。
このコツを知っているかいないかで、普通にいわゆるオバサンになっていくか、いつまでもキレイなお姉さんでいるかの分かれ道、だと菜美は思います。

or

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集