過剰症に気をつけるサプリメント

水溶性ビタミン・脂溶性ビタミン・ミネラル

脂溶性ビタミンやミネラルの過剰症

シミを早く取るためにサプリメントをとるとき、気になるのが過剰症の問題ですね?

水溶性ビタミンに関しては過剰症の心配はありませんが、気をつけないといけないのは、脂溶性ビタミンやミネラルをサプリメントでとる場合です。

ビタミンAの過剰症

シミとビタミン過剰症

よく過剰症を心配されるのが、ビタミンAですね?

ビタミンAには界面活性作用(脂を溶かす石鹸のような作用)があり、それが細胞膜を不安定にして、過剰症の原因になるのです。

「2015年度版日本人の食事摂取基準」によると、30~40代女性の1日におけるビタミンAの摂取基準量は、
 耐容上限量が2700μgRAE(プロビタミンAカロテノイドを含まず)
となっています。

μgRAEとはレチノール活性当量という単位で、ビタミンAの食事摂取基準の数値をレチノール相当量として示したものです。
レチノール活性当量(μgRAE)=レチノール(μg)+β-カロテン(μg)×1/12+α-カロテン(μg)×1/24+β-クリプトキサンチン(μg)×1/24+その他のプロビタミンAカロテノイド(μg)×1/24

体内でビタミンAのはたらきをする化合物には、レチノールの他に、レチナールやレチニルエステル、β-カロテン・α-カロテン・β-クリプトキサンチンなどのおよそ50種類に及ぶプロビタミンAカロテノイドがあります。

ちなみにβ-カロテンは、構造的にビタミンAが2つドッキングしたような左右対称の形をしています。このため、体内で代謝されると、効率の良いビタミンAの供給源となっています。ベータカロテンの過剰症の心配はありません。

主なミネラルの過剰症

シミとビタミン過剰症

ビタミンの必要量は個人差が大きいのですが、ミネラルの必要量は個人差があまりありません。

「2015年度版日本人の食事摂取基準」によると、30~40代女性の1日における主な必須ミネラルの摂取基準量は、

 カルシウムは耐用上限量が2500mg。
 マグネシウムは推奨量が290mg
 鉄は耐用上限量が40mg。
 亜鉛は耐用上限量が35mg。
 ヨウ素は耐用上限量が3000μg。
 セレンは耐用上限量が350μg。
 クロムは目安量が10μg。
となっています。

上限量とは

シミとビタミン過剰症

ちなみに「上限量」とは、「ほとんどすべての人々が過剰摂取による健康障害を起こすことのない1日の栄養素摂取量の最大限の量」のことで、
サプリメントでビタミンAやミネラルをとる場合は、食事からとる量を含めてこの上限量を参考にすれば、過剰症を防げるわけです。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集