シミ取りにジャマなマーガリン

代謝のジャマをするマーガリンやショートニング

トランス型脂肪酸

シミを取るためには、肉・魚・野菜といろんな食品をバランスよく食べて、ゆったりと構えていることが大事ですから、あれを食べてはいけないとかこれを食べてはいけないとか、あまり神経質になる必要はありませんが、マーガリンやショートニングだけは、避けたほうが無難です。

マーガリンやショートニングは、「トランス型脂肪酸」という代謝の妨げになる油でできていますので、シミを早く取るためには、避けたほうがよい食品です。

このトランス型脂肪酸は、マーガリンやショートニングの他に、一般的にサラダ油と呼ばれている油にも含まれています。

マーガリンやショートニング、サラダ油は、パン、ケーキ、クッキー、アイスクリーム、スナック菓子、レトルト食品など日常よく食べるほとんどの加工食品に含まれていますので、要注意です。

プラスチック食品

マーガリンは、液状の植物油に水素を添加して加工し固形の油にしたものですが、
この加工工程が原油からプラスチックを作る過程と良く似ているため、マーガリンやショートニングのことを「プラスチック食品」と呼んでいるそうです。

欧米では規制されているトランス型脂肪酸

このマーガリンを筆頭とするトランス型脂肪酸にはさまざまな危険性が指摘されていて、欧米ではトランス型脂肪酸が基準値以上含まれたマーガリンは販売できないようになっています。

しかし、日本ではトランス型脂肪酸の表示義務がありませんので、安全性を確認することが困難です。

トランス型脂肪酸の危険性

このトランス型脂肪酸の危険性は、脂溶性ビタミンの吸収を阻害し、大量のビタミンとミネラルを消耗させ、炎症やアレルギーを誘発するなど、全身の代謝を乱すことです。

トランス型脂肪酸が引き起こすといわれている病気に、クローン病があげられています。 クローン病は、口から肛門にいたるまで消火器官全体に潰瘍を起こす病気で、この病気にかかると治療の手段がないという恐ろしい難病です。 日本では1997年時点でも1万2千人がこのクローン病にかかっています。

また、もともと人体には存在しないはずのトランス型脂肪酸が、現在の日本人の皮下脂肪中の約4%も占めているそうです。

こんなふうに、マーガリンやショートニングなどのトランス型脂肪酸が含まれた油は、ビタミンやミネラルを大量消費し、ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンの吸収を阻害し、全身の代謝を乱し、健康を害する油です。

シミを早く取るためには、とうぜん、マーガリンやショートニングは避けたほうがよい食品ですネ。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集