肌を酸化させてシミをつくる活性酸素

シミの直接の原因

活性酸素が体を酸化させ体がサビる

シミと活性酸素

活性酸素とは、体を酸化させる力が強力な酸素です。
金属が酸化するとサビるのと同じように、酸化によって体がサビる、というイメージでとらえるとわかりやすいかと思います。

すい臓の酸化→糖尿病、目の酸化→白内障、遺伝子の酸化→ガン、脳内の血管が酸化→脳梗塞といった具合に、ほとんどの生活習慣病や老化、アレルギー、慢性疲労症候群等の原因は、活性酸素であると言われています。シミの直接の原因も活性酸素です。

24時間発生している活性酸素

シミと活性酸素

活性酸素発生の原因としてよく言われるものに、ストレス、紫外線、排気ガス、たばこ、農薬や食品添加物、レントゲン撮影などがあります。

でも、活性酸素は、そんなことに無縁な生活をしていたとしても、私たちが生きている限り常に発生しています。
心臓を動かすときにも、呼吸するときにも、何かを考えるときにも、食べたものを消化吸収するときにも、歩くときにも発生しています。

生きて、エネルギーを発生している限り、24時間、活性酸素は発生し続けているのです

活性酸素とSOD

シミと活性酸素

では、そんな活性酸素から体を守る術はないのでしょうか?

活性酸素から体を守るものの代表として、SOD(抗酸化酵素)というものがあります。
また、エストロゲンという女性ホルモンも活性酸素から体を守ります。

ところが、このSODはだいたい40歳頃から生産量がおちてきます。特に脳・心臓・肝臓で際立って減少してくるそうです。
エストロゲンの生産量も閉経と同時にガクンと減少します。

ですから、40歳頃から、自分の体が持っている抗酸化力(活性酸素対抗力)は、あてにできなくなってくるわけです。シミが増えてくるのが40歳頃なのもうなずけますよね?

抗酸化物質

シミと活性酸素

では40歳以降は活性酸素にお手上げかというと、そんなことはありません。
そのためには、SODの代わりになるものをとればよいのです。

SODの代わりになるものを、抗酸化物質といいます。

抗酸化物質は体の細胞が活性酸素によって酸化されないよう身代わりになって酸化される物質で、主なものに、ビタミンCビタミンEコエンザイムQ10ベータカロテン・リコピン・ルテインなどのカロテノイド類、カテキンやアントシアニンなどのポリフェノール類やピクノジェノールなどがあります。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集