抜群の抗酸化力があるピクノジェノール

しみとピクノジェノール

そもそもピクノジェノールとは

シミとピクノジェノール

ピクノジェノールは、OPC(オリゴメリックプロアントシアニジン)を主成分とするサプリメントで、その商品名です。
多くの製品が世界中の会社から販売されていますが、その商品名がピクノジェノールであったり、フラバンジェノール®であったり、OPCであったり、ブドウ種子エキスであったり、フランス海岸松樹皮エキスであったりします。

そのOPCは、1947年にフランスのジャック・マスケリエ博士が、ぶどうの種やフランス海岸松の樹皮から抽出されるポリフェノール中の有効成分として発見し、分離に成功した成分で、非常に高い吸収率と生理活性を有する成分です。
ヨーロッパでは安全性と有効性が多くの科学者による臨床実験によって立証されて、医薬品としても用いられています。

しかし、OPCが主成分であればどの製品でも良いかというとそうではなくて、ジャック・マスケリエ博士の抽出方法(フランスの特許取得済)で得られたOPCが、いちばん有効性があるようです。
マスケリエ博士いわく、OPCは、本来、フラボノイド混合物として効果を発揮し、正しい抽出方法で抽出しないと混合物の一部を分離してしまい効果を失ってしまう、とのです。

各社製造技術によってその有効性に多少の違いがあるでしょうが、とにかく、OPCには、コラーゲンの合成促進作用、ビタミンCの節約効果、血管保護作用、消炎・鎮痛作用などがあり、特にその抗酸化(活性酸素除去)作用が優れていて、その作用はビタミンCの20倍以上、ビタミンEの50倍以上もあるといわれています。

シミ増殖を防ぐピクノジェノール

OPCを主成分とするこのピクノジェノールは、チロシナーゼという酵素のはたらきを抑えます。チロシナーゼとはメラニンをつくる際にはたらく酵素なのですが、ピクノジェノールはこの酵素の働きを抑えてメラニンの産生を抑えるのです。

また、ピクノジェノールは、メラノサイトというメラニンを作る細胞の増殖を抑える働きもあります。

ですから、ピクノジェノールをとっていれば、メラニンが増えにくいので、これ以上シミが増えるのを防ぐばかりでなく、シミができにくい肌の状態を保てるのです。

最も危険な活性酸素をも除去するピクノジェノール

シミとピクノジェノール

抗酸化物質とは体の細胞が活性酸素によって酸化されないよう身代わりになって酸化される物質のことで、シミ予防のためには必須の物質ですが、その主なものに、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、ベータカロテン・リコピン・ルテインなどのカロテノイド類、カテキンやアントシアニンなどのポリフェノール類があります。

その中でもピクノジェノールは、ビタミンCやビタミンEの何十倍もの抗酸化力があり、DNAを傷つける最も危険な活性酸素をも除去できる抗酸化物質なのです。

たんぱく質破壊防止とコラーゲン合成促進

肌だけでなく私たちの体はたんぱく質でできていますが、ピクノジェノールはそのたんぱく質にぴったりとくっついて、たんぱく質の破壊を防止します。
さらに、ビタミンCと協力してコラーゲンの合成を促進します。
たんぱく質の破壊を防止するだけではなく、修復までしてしまうのです。

老化とはたんぱく質(酵素)の合成能力が落ちることをいいますが、肌では、シミ、しわ、たるみができるなど様々な変化が、たんぱく質の合成能力が落ちることによっておきます。ですから、ピクノジェノールをとっていると、シミ予防だけでなく老化防止にもなるわけです。

さらに、ピクノジェノールとビタミンC・ビタミンE・コエンザイムQ10などを一緒に摂ると、その相乗作用でシミが早くとれます。

ピクノジェノールの吸収率

シミとピクノジェノール

ピクノジェノールは、ポリフェノールの内、フラボノイドというグループに分類されるのですが、フラボノイドには、よく知られているものに、茶に含まれるカテキンや、赤ワインに含まれるアントシアニンなどがあります。

しかしじつは、カテキンやアントシアニンは体への吸収率はあまりよくありません。

例えば、カテキンは有効期間が短く水に溶けにくい物質ですし、アントシアニンは酸性環境以外では壊れやすいため、ほぼ中性の血液中ではすぐ破壊されてしまいます。

また、あるフラボノイドは腸のバリアーを通過することができず、あるフラボノイドは腸のバクテリアによって破壊されてしまい、あるフラボノイドは水に溶けもしません。

こんなふうに、現実にはフラボノイドはほとんど体内に吸収されないのです。しかし、唯一ピクノジェノールだけがしっかり体内に吸収されるのです。

マスケリエ博士のピクノジェノール(OPC)は、容易に水に溶けるうえ、口から腸にいき、血液中に吸収され、髪、爪、皮膚、その他の器官に広がります。そして、10分もすれば肌の先まで届くといわれています。こんな頼もしいサプリメントをシミ取りに活用しない手はありませんよね?

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集