ビタミンC誘導体美容液について

安全性と有効性のデータはたくさん有り

なかなかない合成界面活性剤無添加のビタミンC誘導体

シミができると、やはりビタミンC誘導体やハイドロキノンとかが含まれた美容液などが気になりますよね?

ハイドロキノンは安全性が確認されていませんので私は避けていますが、ビタミンC誘導体の安全性と有効性のデータはたくさんありますので期待して活用しています。

そこで、ビタミンC誘導体入りで合成界面界面活性剤が含まれていない美容液を探してみたんですが、なかなかないんです。。

でも、探せばあるもんです。そのうちの1つを口コミしますネ。

ビタミンC誘導体のさまざまな作用

ところで、ビタミンCには、メラニン生成阻害作用、メラニン色素還元作用、紫外線の影響で発生した活性酸素の除去作用、ビタミンEの合成促進サポート作用などによって、シミ・くすみのない透明感のある肌に導くはたらきがあります。

そのビタミンCを肌の外から吸収させようとメーカーはいろいろ研究しているのですが、通常のビタミンCは肌には吸収されません。
しかし、ビタミンC誘導体という形に加工することによって、肌内部に浸透できるようになります。

このビタミンC誘導体によるしみ対策は、メラニンを作っている酵素の活性をおさえてメラニンを作らせないようにし、メラニン色素還元作用によってできてしまったシミも薄くするという方法です。

合成界面活性剤が問題

酵素の活性をおさえるということは何年もの長期間になるとちょっと心配もありますがそれは短期使用ということにして、ビタミンC誘導体はそんなふうにシミを薄くするはたらきがあります。しかし、問題は、ビタミンC誘導体入り化粧品にほとんどの場合いっしょに配合されている合成界面活性剤です。

合成界面活性剤のなかには、長期間使用すると肌に心配なものが、少なからず使われているようです。
ビタミンC誘導体入りの美容液を使用する場合は、効果の面では濃度も重要ですが、やはり長期間使用するという前提で考えると、体への影響が気になります。
短期間でサッととれれば問題ないのですが、シミって、いつとれるかわかりませんから・・

なので、成分をよーくチェックして、肌に心配な合成界面活性剤が含まれていないものを選びたいものですね。

合成界面活性剤が含まれていない水溶性のビタミンC誘導体美容液

とはいうものの、肌に心配な合成界面活性剤が含まれていないビタミンC誘導体美容液となると、なかなかないのですが、ありました。
ピアベルピア化粧品さんの「ビューティーエッセンス」です。


ピアベルピア ビューティーエッセンス

ノンオイルの濃縮タイプの美容液でローズ水を加えてあるので、いい香りがしてべたつきがなくさらっとしています。そして肌にすぐなじみます。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集