老人性色素斑と過酸化脂質

老人性のシミ

リポフスチンという老化色素によるシミ

老人性のシミ

老人性色素斑は、老人性のシミとも呼ばれていますが、過酸化脂質とタンパク質が結合して、リポフスチンという老化色素が肌にできたシミです。

過酸化脂質とは連鎖的に細胞を破壊する毒物

老人性のシミ

過酸化脂質とは、活性酸素によって細胞膜の脂肪酸が酸化させられたもので、次から次へと連鎖的に細胞を破壊する毒物です。

活性酸素とは老化や病気の元になる毒物

活性酸素とは、強力な酸化作用で相手の性質をどんどん変えてしまう老化や病気の元になる毒物です。

細胞膜は、もともと活性酸素によって傷つきやすい性質をもっています。
それは、活性酸素に弱く酸化されやすい脂肪酸で構成されているためです。

活性酸素発生の原因としてよく言われるものに、ストレス、たばこなどの有害物質などがありますが、紫外線を浴びると、皮膚などの組織で大量に発生します。

老人性のシミ

しかし、活性酸素は、そんなことに無縁な生活をしていたとしても、 私達が生きている限り常に発生しています。人が生きて細胞がエネルギーを産生している限り常に発生しているのです。

40歳頃からおちてくる抗酸化力

その活性酸素に対抗するために、体は、SOD(抗酸化酵素)や、エストロゲンという女性ホルモンを用意しています。

ところが、このSODはだいたい40歳頃から生産量がおちてきます。エストロゲンの生産量も閉経と同時にガクンとおちてきます。

40歳を過ぎると、自分の体が持っている抗酸化力はあてにできなくなってくるのです。

過酸化脂質とタンパク質が結合してリポフスチンに

もともと酸化されやすい細胞膜が、40歳頃になってさらに酸化されやすくなって、そんなところへ活性酸素がやってくると、ひとたまりもありません。

細胞膜を次から次へと野火が拡がるように過酸化脂質に変えていき、どんどん皮膚のタンパク質と結合してリポフスチンをつくり、シミをつくってしまいます。

リポフスチンによるシミ対策

細胞膜の酸化を防ぐ抗酸化物質

老人性のシミ

このリポフスチンによるシミ対策は、細胞膜の酸化防止です。
そのためには、SODやエストロゲンの代わりになるものをとればよいのです。

SODの代わりになるものを、抗酸化物質といいます。

抗酸化物質とは体の細胞が活性酸素によって酸化されないよう身代わりになって酸化される物質のことで、主なものに、ビタミンCビタミンEコエンザイムQ10ベータカロテン・リコピン・ルテインなどのカロテノイド類、カテキンやアントシアニンなどのポリフェノール類やピクノジェノールなどがあります。

まずはマルチビタミン・マルチミネラルのサプリメントをベースにとってから、ビタミンCやビタミンEやピクノジェノールなどを単体でとれば、代謝が良くなり、シミが早く取れます。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集