20年来のシミを1年でとったサプリメント

シミ予防でいちばん効率的な方法

抗酸化物質

しみを取るためには、まず予防です。
いくらシミを取る努力をしても、あとからあとから次々と新しいしみをつくっていたのでは、いつまでたってもシミはとれません。
しみの予防でいちばん効率的な方法は、日焼け止めやフェイスマスク(目だし帽)などと併用して、体の中から肌へ栄養素を送り届けることです。

化粧品などでいくら肌の外から美白成分を吸収しようとしても、肌は本来、異物を排出するようにできた器官ですから、効率的ではありません。

シミの予防にまず役にたつのは抗酸化物質です。
抗酸化物質は、しみをつくる直接の原因である活性酸素から、肌をしっかりと守ってくれます。

抗酸化物質の相乗作用

抗酸化物質

20年来の頑固なシミが1年でとれたのは、毎日摂っていた抗酸化物質の相乗作用のおかげだと菜美は思っています。

1日にとっていた抗酸化物質サプリは次のとおりですが、これらの抗酸化物質サプリには添加物がいっさい含まれていません。しみができた最初の頃にこんな良質サプリを知っていれば、もっと早くシミが取れたことと思います。

ビタミンC、ビタミンE、ピクノジェノール(OPC)の相乗作用

抗酸化物質

このうち特に意識して摂った抗酸化物質は、ビタミンCビタミンEピクノジェノール(OPC)、この3つの抗酸化物質サプリです。

ビタミンC、ビタミンE、ピクノジェノールを一緒にとっていると、相乗作用でシミが早く取れます。

ビタミンCの抗酸化力

抗酸化物質

ビタミンCは水溶性で、血液の液体部分や、細胞の中や外の液体部分に多く存在し、細胞から外へ漏れ出した活性酸素や血液中で発生した活性酸素に対抗します。

抗酸化物質

また、活性酸素との闘いで傷ついたビタミンEを元の元気なビタミンEに復活させます。

ビタミンCはメラニン色素にはたらきかけてシミを薄くする働きもあります。

ビタミンEの抗酸化力

抗酸化物質

ビタミンEは脂溶性で、主に脂肪酸でできている細胞膜や、核膜などの生体膜の中に存在し、活性酸素から細胞を守っています。
また、毛細血管の流れを良くする作用があるので、肌に必要な栄養と酸素がしっかりと運ばれます。

ピクノジェノールの抗酸化力

抗酸化物質

抗酸化物質

ピクノジェノールはOPCを主成分とするサプリメントで、ポリフェノールの一種であるフラボノイドに分類される成分です。

フラボノイドには、カテキンやアントシアニンなどがありますが、体への吸収率はあまりよくありません。
ピクノジェノールは、フラボノイドの中でも抜群の吸収率がある物質で、体内吸収率はほぼ100%、口から摂って10分もすれば肌の先まで届くといわれています。

また、ビタミンCやビタミンEの何十倍もの抗酸化力があり、DNAを傷つける最も危険な活性酸素をも除去できる抗酸化力があります。

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集