脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)というシミ

イボのように少し盛り上がったシミ

石油系の化粧品も大きな原因?

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とか老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とかいわれるイボのように少し盛り上がったシミは、年をとると誰にでもできるそうで、老人性いぼともいわれていますが、最近は30代の人にも増えているそうです。

このイボのようなしみの原因には老化や紫外線、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、摩擦による刺激などがあげられていますが、じつは、石油系の化粧品も大きな原因で、長年塗りこめた石油系の化粧品の基材が毛穴に詰まり、酸化してシミになり、それがイボに変わることもあるそうです。

日焼けは夏が終わり冬になれば色が冷めてきますし、シミも紫外線量の少ない冬になると色が薄くなったりします。
でも、石油系の化粧品によるシミやくすみは、季節が変わっても冷めにくいのが特徴だそうです。

原料の由来までは表示されていない石油系の化粧品

この石油系の化粧品とは、石油から作られた合成成分(合成の油剤・合成樹脂・合成界面活性剤・タール系色素・合成香料・合成の紫外線吸収剤・合成の溶剤・合成防腐剤など)が含まれた化粧品のことです。

例えば、石油を精製した流動パラフィン(鉱物油とかミネラルオイルともいわれています)は化粧品の油剤としてよく使われていますが、化粧品の全成分表には「流動パラフィン(石油系)」なんてご丁寧に原料の由来までは表示されていません。
合成の油剤は、それよりもさらに伸びが良いという理由で、乳液やクリーム、日焼け止めクリーム、ヘアコンデショナーなどに多用されています。

石油系の化粧品は落ちにくく、市販のクレンジング剤や洗顔フォームで洗ったくらいでは簡単に落とすことができません。こういった基材はきれいに落としたつもりでもちゃんと落ちていないそうで、使い続けるうちに毛穴や皮膚に詰まり、紫外線にあたると、鉱物油(ミネラルオイル)が酸化し、シミやくすみの原因になるそうです。
そしてそれがイボに変わり、脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)といわれているのかもしれません。

またクレンジング剤や洗顔フォーム自体にも合成界面活性剤が大量に含まれていることが多いので、よけいに肌に害があるのです。

老化が原因といわれるこの脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)というシミも、じつは毎日使うこれらの化粧品やクレンジング剤に含まれる合成の油剤や合成界面活性剤などが大きな原因の1つかもしれません。

 

(塗り重ねるだけの美容では限界があるとの考えから、こういった長年蓄積されたシャンプーや化粧品の基材を毛穴から根こそぎ落とす化粧品があります。特にパックはイチオシです。
水溶性で心地よく、入浴しながらパックできます♪
私のシミを取ったのは、このパックの力も大きかったと思っています。)

Menu
HOME
シミ体験談
ガンコなシミ…
シミを取ったサプリ
シミをとった化粧品
肌の自然治癒力
まず便秘解消!
若さの秘訣
早く結果をだすために
結果がでるサプリメント
最新型ビタミンC誘導体
育成美容液
水溶性のさっぱりパック
無添加の日焼け止め
無添加ファンデーション
ビタミンC誘導体100%
ビタミンC誘導体美容液
しみとりサプリメント
まず、代謝力アップ!
マルチビタミン
抗酸化物質の相乗作用
ピクノジェノール
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
皮膚ビタミン
たんぱく質足りている?
良質たんぱく質
アミノ酸バランス
サプリメントの過剰症
サプリメントの吸収性
添加物の塊サプリ?
肝斑と亜麻仁油
シミの原因と対策
肝斑(かんぱん)
老人性色素斑
メラニンが沈着したシミ
脂漏性角化症
トランシーノの口コミ
トランシーノの化粧水
しみの直接原因
活性酸素って?
肌の老化と活性酸素
目から入る紫外線
光老化
抗酸化物質をとるコツ
シミ取り化粧品…?
日焼け止めクリーム?
洗顔フォーム…
美白化粧品…?
無添加化粧品…?
成分を肌から吸収?
肌のバリアー機能
肌のしくみ
表皮のしくみ
代謝のジャマ食品
過酸化脂質
マーガリン
気になる症状とシミ
冷え性
頭痛
便秘
肩こり
ストレス
ストレスチェック
お問合せ
リンクについて
運営者より
プライバシーポリシー
リンク集
相互リンク集